2011年09月13日

レーザー治療で花粉を防ぐ

但し1回照射しただけでは駄目で2週間に1回位のペースで2ヶ月間ほど行った方が良いと言われています。粘膜を焼く事で花粉が鼻の粘膜についても過剰反応を避ける事が出来るようになります。この手術、20分も有れば両方の鼻を照射する事が出来ます。そうなると辛い鼻水や鼻詰まりの症状を緩和させる事が出来るのです。花粉症のレーザー治療は手術になるのですがこれは大々的な手術では有りません。

痛みも出血も殆ど有りませんのであまり怖がる必要はありませんが、粘膜を焼いてしまうので暫くは粘膜にかさぶたの様な物が出来てしまいます。またレーザー治療を受ける時期も考えなければいけません。また入院の必要も副作用も有りません。鼻の穴にレーザー光線を直接照射します。その為にかさぶたが取れるまで鼻詰まりの症状が照射する前より強く出る事が考えられるのです。

もしかすると何年かに1回は再度治療する感じになるかもしれませんので、そうしたデメリット部分も含めて医師に相談しましょう。そして粘膜を少し焼くのです。その期間2週間位、粘膜が再生されますので我慢する事になります。症状が強く出ている時期は手術自体してはいけなくなるかもしれません。


pcjネットワークビジネスは今どんな状態なのか

ネットワークビジネス確定申告のススメ

ネットワークビジネスをあなたもインターネットで展開しませんか

ネットワークビジネスグリオという会社があるそうです

ネットワークビジネス勧誘の仕方


posted by ビジネス成功ママ at 22:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。