2012年01月28日

USPと競合

ユニークの対比語として競合があります。
企業の営業戦略はUSPを決めなければなりませんが、そのためには競合を知ることが大切です。
競合を知らずにUSPは語れないと言うくらいです。
では競合はどのようなことでしょうか。
ここでの競合は競合他社のように会社同士の競争の意味ですが、必ずしも同業者ではありません。
お客が自分のニーズを満たそうとする時に思い浮かべる複数の選択肢のことです。
昼食に何を食べるか考える時に、ファーストフードにするか、寿司にするかを考えますよね。
それは世代によって異なってきますし、予算にも関係してくるのです。
ビジネスを展開しようとすると必ず競合と言う場面があるのです。
競合した相手と自社との差別化を図ることがUSPに他なりません。
メリットを消費者に対してアピールするのです。
USPとは自分にしかないウリです。
それが競合との間で比較されるのです。
競合を考える時に、自社に対抗している他社を考えます。
どのようなビジネスでも競合はいます。
自社の製品と同じものが存在しないとしても、何らかの形で競合はあるのです。
そのことを理解しなければなりません。
例えば商品は優れており、他社が作っていないとしても、それを購入しないと言う選択肢があるからです。
また、ジュースを考えた時に、健康に良いもの、しぼりたてのジュースなどいろいろな見方ができます。
それがすべて競合となるのです。
競合を考えることによって自社のUSPが明確に意識されます。
違いがわかってくるからです。

ネットワークビジネス健康食品部門売上ランキング

ネットワークビジネス9つの嘘・実際に当てはまること

騙されない為のネットワークビジネス対策 新規参入

ネットワークビジネス化粧品部門売上ランキング

ネットワークビジネス掲示板 可能性
posted by ビジネス成功ママ at 22:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。