2011年12月21日

ウエイトトレーニングとはその2

例えば、野球をする人は、ウエイトトレーニングなどで筋肉を鍛えることはせず、野球をすることで必要な筋肉を鍛えることが望ましいとされていたのです。スポーツ医学を熟知したトレーナーに付いてもらうことで、より効果的なトレーニングをするためです。みなさんも、ご存知、マリナーズのイチロー選手ですが、彼はいろいろなトレーニングマシンを使っているそうです。

一昔前の日本は、スポーツ選手は「筋肉だけを鍛える」トレーニングをしない傾向がありました。そして、現在の日本は、スポーツ選手が積極的にウエイトトレーニングを行うようになりました。なぜなら、イチロー選手は、筋肉を太らせただけでは、神経の行き渡らない筋肉ばかりが増大しても意味がないと思っているからです。

このことから、相撲界におけるウエイトトレーニングについての考え方が少しずつ変わったといえるでしょう。ですが、ウエイトトレーニング器具などを使った稽古を取り入れた力士が横綱になったり、大関になったりして、実績を上げました。マシンを使ってのトレーニングは、筋肉の柔軟性をアップさせるために使うそうです。

ですが、彼の場合は筋肉を増量させることを目的にはしていないと言います。選手は自分で勝手にトレーニングを行うのではなく、スポーツドクターを付けたり、アスレティックトレーナーを付けたりしています。日本の国技である、大相撲でも、昔はウエイトトレーニングにおいては否定的でした。


ネットワークビジネスねずみ講に狙われる標的の共通点
ついにネットワークビジネスで逮捕!人を騙してまでお金が欲しい?
ネットワークビジネスアムウェイのスゴ過ぎる製品力!
ネットワークビジネス方法を誤ったディストリビューターの成れの果て
副業ネットワークビジネス決定版
ネットワークビジネス何故成功者になれないのか?
ネットワークビジネス被害
インターネットでネットワークビジネスを成功させられるか?
ネットワークビジネスを成功するには
最新ネットワークビジネスの魅力と落とし穴

posted by ビジネス成功ママ at 01:43| ネットワークビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。